Pages

Monday, 26 February 2018

untitled room vol. 20

designed by Yoichi Tamori

横浜のディープ街、黄金町にある元ストリップ劇場、現アートスタジオの旧劇場にて毎月行なってきた超DIYイベント、Untitled Room、とうとう20回目です。
そして、旧劇場の閉館に伴い、今回で最終回。
最後は通常回のライブスペースである中2階ではなく、1階にて30名限定で行います。
最終回のアーティストは2組、濃密です。
1組目のアーティストは去年の6月、vol.11にてソロで演奏して頂いたオプトロン奏者の伊東篤宏とカテゴライズ不可女子、テンテンコによる新生ノイズデュオ、ZVIZMO。
2組目はイギリス、ロンドンを拠点に活動するサイケバンド、BO NINGENのギタリスト、Kohhei Matsudaです。
目と耳から脳髄を経由し郷愁的ユートピアへ亜空間光速旅行。
3月18日は旧劇場、マストです。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

so i buried presents
Untitled Room vol. 20

- 出演アーティスト
ZVIZMO (伊東篤宏 x テンテンコ)
Kohhei Matsuda (BO NINGEN)

- 日時
2018年3月18日(日) 17:30 オープン / 18:00 スタート

- 会場
横浜市中区末吉町3-49

- 料金
2000円

*予約方法
予約メールアドレス、soiburied at gmail dot comまで下記の情報を明記の上、
メール送信願います。
件名: untitled room予約
本文: 名前、電話番号、予約希望人数

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ZVIZMO / ズビズモ




蛍光灯音具 OPTRON(オプトロン)プレイヤーの伊東 篤宏と、アンダーグラウンド⇔メジャーを縦横無尽に行き来する テンテンコ によるデュオユニット。
テンテンコの聴き易いが意外に重たいエレクトロビートと伊東のフリーキーだが意外とキャッチーなOPTRONが作り出す  アヴァン・エレポップ且つストレンジ・テクノイズな演奏は、「奇天烈だが何故かフレンドリー」な響きに満ちている。


Kohhei Matsuda (BO NINGEN)


英国ロンドンを拠点に活動するロックバンド、BO NINGENのギター。
元YUCKのフロントマン、ダニエル・ブランバーグの新プロジェクトHebronixのシンセサイザー奏者。
他に、気鋭の映像作家、石田悠介による短編 Holy Disasterの劇伴や、ロンドン即興シーンの総本山Cafe Otoでの活動、電子音楽の新たな才能 Albino Soundやアヴァンギャルド電子パンク group Aとのコラボレーションなど。

No comments:

Post a Comment